投資会社の日本産業推進機構(東京都港区)は、高齢者住宅を運営するヴァティーを傘下に持つSCホールディングス(同)を買収する。一部報道によれば、買収額は200億円以上。

 SCホールディングスは2011年設立。飲食事業のカプリなどを傘下に持つが、売り上げの大半はヴァティーによるもの。ヴァティーは比較的低料金で入居できるサービス付き高齢者向け住宅「ふるさとホーム」を主に関東圏で展開し急成長。近年は特定施設開設にも力を入れている。高齢者住宅新聞社の調査によれば、今年8月31日で4674室を運営しており運営居室数ベースでは業界11位。2016年3月期の売上高は135億6000万円強。

 日本産業推進機構は2014年9月の設立。国内の中小企業支援を主な目的としており、投資対象分野のひとつとして「高齢化社会における成長事業領域」を掲げている。

 今回の株式譲渡について、ヴァティーの佐藤明社長は「いくつかの投資ファンドから話は以前から来ていた様ですが、今回の話が具体化したのはここ1~2ヵ月程度のことです。私はこれまで通りヴァティーの代表として経営に携わって行きますので、高齢者住宅の展開についても、これまでの計画通り進めていくことになると思います」とコメントする。

 同社は、今年度は既存物件の入居率向上などを図るため、新規開設を抑制しているが、2018年度以降は年間で20~30棟ペースでの開設を進めていく計画だという。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう