スポンサーリンク

 デイサービスFCを全国展開している介護NEXT(群馬県伊勢崎市)は12月8日、新業態となる年中無休24時間のデイサービス「健康サポートげんきPremium Care」を発表。7~9時間の通常規模型宿泊付きデイサービスとして、5年間で100店舗の展開を目指す。

 

 

 新業態は、自立支援・認知症予防・中重度介護者に特化し、在宅生活をサポートするのが狙い。大平雄伸社長は「2025年の地域包括ケアサービスの実現を見据えて今回の新業態による直営・FC出店を加速する。在宅サービスでの認知症に対するアプローチを家族と訪問介護が連携し、どのような介護状態でも在宅生活を維持できるようにしたい」と語った。

 

 

 同社は11月1日、埼玉県上尾市に直営1号店「健康サポートげんきPremium Care上尾原市」を開設。今後は直営1号店で事業スキームの検証を行い、2018年4月以降、直営店の展開を進める予定だ。また、18年2月に一次出店のオーナー募集を行い、4月からFC加盟法人による全国展開を目指していく。

 

 

 認知症ケアでは個々に対して認知機能の維持・改善のプログラムを提供、1ヵ月後に再評価してプログラムの最適化を図り、家族やケアマネに効果をフィードバックする。また、「お泊りデイサービス」が減る中で、新業態では9床を用意。1日1800円で利用できる。大平社長は、「宿泊を希望するニーズは高い。在宅復帰を実現させるための一時的なものとして利用してもらいたい」と話している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう