ローソン(東京都品川区)は、コンビニエンスストアに介護相談窓口を併設した「ケアローソン」を12月9日兵庫県芦屋市に開設した。ローソンがこうしたタイプの店舗を開設するのは全国で9ヵ所目。

 この店舗は、兵庫県内で複数のローソンを運営するフランチャイズオーナーが運営するもの。73坪の店舗スペースのうち、4坪を兵庫県内で各種介護事業を展開する社会福祉法人きらくえん(尼崎市)が運営する介護相談窓口とする。相談窓口の営業時間は年末年始を除く9時半~17時。ケアマネジャーなどの相談員が在駐する。また、6坪は、自治体や地域の情報などを提供する地域交流のためのサロンスペースとする。

 ローソンでは、今後も都市部を中心に地域に密着した介護事業者と連携し、2017年度末までに30店舗のケアローソンを開設していく計画だ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう