スポンサーリンク

関西圏を中心に介護医療事業を総合的に展開する美善グループのメディカルシード(大阪市)は、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などを7棟運営。重度者の受け入れや認知症高齢者向けのサービスで90%の入居率を維持する。

住宅型有料老人ホームを滋賀県大津市、大阪府八尾市・大東市の3カ所、サービス付き高齢者向け住宅を大阪府守口市・大阪市、広島県福山市の3カ所で展開。その他、大阪市内のマンションの一角をシニア向け賃貸住宅として運営している。

訪問介護事業所をすべての施設で併設。ヘルパーらのスタッフが365日24時間常駐でサポート。夜間や緊急時なども経験豊富なスタッフが迅速に対応。施設によっては医療依存度の高いケースも入居可能。胃ろう、人工透析、尿バルーン、ペースメーカー、在宅酸素などの患者を受け入れている。

重度の要介護や認知症に対しては、ナースコールや窓に付けられた開閉感知システム、廊下など共有スペースに設置されたモーションセンサー連動監視カメラなどで緊急時に備える。館内スタッフによる服薬管理や医師・看護師の定期検診で問題を早期に発見。家族へも安心を提供する。

リハビリを提供する医療機関が隣接した施設では、リハビリなど密な医療連携を行える。

一人ひとりに合った栄養管理の行き届いた食事を提供。刺身やケーキなどがメニューに組み込まれるような多彩な食事メニューの施設もある。

居室はキッチン付きや広さ・間取りなどニーズに合わせ選べる。共有スペースでのサービスも大浴場、サークル活動、リハビリルーム、レストラン、美容室など多彩。

現在7棟で222室を運営。月額は家賃、管理費、安心サポート費などで7万円台が中心。入居率は90%を維持している。入居者の要介護度は平均3・5ほど。施設での看取りは年間4、5件実施している。今後は京都で新たな施設運営を計画。年内には介護職養成事業も手掛ける方針。

「サービスのレベルを高めるために、特に介護職の教育に力を入れていきたい」(福井社長)。

美善グループは、医療・介護コンサルティングや訪問介護・看護、居宅介護支援などを総合的に展開。メディカルシードの他、歯科事業のウエスト、在宅介護事業のアイ&ピースなどで構成される。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう