スポンサーリンク

ファミリーズ(岡山市)は、岡山市内でグループホーム、小規模多機能型居宅介護、高齢者住宅を運営。昨年、サービス付き高齢者向け住宅を新築。地域に密着した介護サービスを展開している。新築のサ付き住宅を主体にレポートする。

サ付き住宅の名称は「ファミリーズ御野」。北区北方に開設。積水ハウスが施工を手掛けた。3階建てで居室18平米タイプが28室、夫婦で入居できる36平米タイプが2室の全30室。併設の訪問介護、居宅介護支援、小規模多機能型居宅介護事業所と連携する。

各階にリビング・食堂を備え、食事などのサービスを提供。浴室は1階に機械浴、2・3階に個浴を配置し軽度から重度の要介護に対応する。

スタッフはトータル8名で日中・夜間問わず常駐。生活相談、安否確認、健康管理、緊急時対応、来訪者の受付、郵便物、新聞の配達、タクシーの手配などのサービスを提供する。

利用料金は18平米タイプの場合、家賃5万5000円、共益費2万5000円、生活支援サービス費3万円、食費4万5000円で合計15万5000円。36平米タイプの場合、家賃は11万円で月額22万円(1人で利用の場合)。

あらかじめ定められた生活支援サービス以外に「便利屋さん」サービスを有料で提供。薬の管理は月額1000円、洗濯は1回100円、買い物などの付き添いは30分以内で500円(以降30分ごとに500円)、掃除は1回200円。シーツ交換、ゴミ出しなどは無料でサービス提供する。現在自立から軽度の要介護者を中心に10数名が入居している。

サ付き住宅とほぼ同時に、隣接するビルの2階に小規模多機能型居宅介護「御野・シニアリビングあかり」をオープン。同ビルの1階には居宅介護支援事業所、カフェバー、家事代行の保険外サービス事業所も併設した。

同社は11年前からグループホーム「パラディーソ神宮寺」(2ユニット18室)を市内で運営。5年前には高齢者住宅併設の小規模多機能「津島・シニアリビングあかり」を開設。登録者は23名ほどで毎日15名ほどが利用している。5室用意した高齢者住宅には夫婦世帯が中心に入居。ほぼ全員が小規模多機能を利用している。

原田林長社長はコンサルタント事務所を経営。建物オーナーだが、介護会社を設立し運営にも携わっている。「様々なサービスを提供することで充実したシニアライフを支援したい」(原田社長)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう