スポンサーリンク

不動産デベロッパーの山万(東京都中央区)は、同社が開発した千葉県佐倉市のニュータウン「ユーカリが丘」およびその周辺地域で、今年10月よりICTを活用したシニア向け在宅サービス「大人の自由時間」の提供を開始する。

同サービスは東芝ソリューション(川崎市)と共同で行うもの。元気な高齢者や、離れて暮らす子供たちに向け「安心」「健康」「便利」「楽しみ」を提供する。

具体的には(1)タブレット端末の利用状況や服薬の記録状況など、親の生活状況・健康状態を見守る子供家族がいつでも把握することができる「コミュニケーションサービス」(2)血圧や脈拍、体重などの健康データを自動的に健康管理サーバーに記録したり、予め設定した服薬時間になると通知したりする「健康管理サービス」(3)ユーカリが丘周辺の店舗や施設(約150施設)のサービス情報などの情報を届ける「ユーカリが丘アプリ」など。

ユーカリが丘は1971年に開発が開始されたもので、今年6月末の人口は1万7590人。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう