スポンサーリンク

クラーチ(東京都港区)は、10月1日千葉県佐倉市に介護付有料老人ホーム「クラーチ・ファミリア佐倉」を開設した。

同社では、現在東京都文京区と川崎市で有料老人ホームを運営しているがいずれも事業承継によるもの。「佐倉」は初の新設となる(グループ会社は岡山で新設のサービス付き高齢者向け住宅を運営)。

軽度及び自立者を主な入居ターゲットとして想定しており、共用部分には焼窯を備えたアトリエ、ビリヤード・ダーツ場、足湯などが備えられているのが特徴。また全居室のベッドにパラマウントベッド(東京都江東区)の「眠りSCAN」を備えた。これはベッドの下にセンサーを備え、各ベッドの離床状況はもとより、就寝中の呼吸の状況までリアルタイムでスタッフが確認できるもの。東日本では初の導入となる。

設計はラカンデザイン研究所(東京都中野区)、施工は大和ハウス工業(大阪市)。居室数は71で、居室面積は18平米強が中心。入居一時金はゼロから880万円。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう