スポンサーリンク

 テイクサン(大阪府東大阪市)は、太陽光の紫外線、赤外線をカットするコーティング材や、防汚・殺菌・消臭に効果のある光触媒を活用した酸化チタンなどの環境関連商品を販売。高齢者施設などに積極的な提案を進めている。

 ガラス用透明遮熱コーティング材は、窓ガラス面に塗るだけで断熱性を発揮。太陽光からの紫外線を99%、熱を60%以上カット。省エネに効果があり、夏季は窓の外から侵入する熱を抑え、冬季は室内の熱を逃しにくくする。エアコンの温度設定幅を狭められるため、経済効果が期待できる。

 紫外線による日焼け防止にも効果。紫外線に集まる習性の昆虫の寄付きも防ぐ。シックハウス症候群の原因となる有害物を含まない。

 施工後も透過率80%以上を保持。遮熱フィルムでは施工できなかった型ガラスの凹凸面や網入りガラスに対応。施工前後のCO2排出削減・省エネ効果を試験した結果、電気使用量は年間6000キロワット以上、電気料金で15万円以上削減。CO2排出量は年換算で約1500キログラム抑えることができた(比較対象期間は10ヵ月)。

 費用は施工面積が30平米程度の場合、平米あたり8000円から。10年間の施工保証が付く。

 nanoYo酸化チタンコーティング材は光触媒を活用した防汚・殺菌・消臭剤。マイクロスプレー式の専用機材で吹き付けるだけで効果を発揮。高齢者施設や病院、保育施設、車内など幅広く使用できる。

 従来の酸化チタンの粒子径は約10~50ナノと大きく、施工に際してバインダー(のり)などの下地処理が必要。粒子がのりに埋もれる比率が高く、効果が上がりにくかった。nanoYo酸化チタンは従来型と比べ、粒子径の大きさを5分の1~10分の1(2~3ナノ)にすることに成功。下地処理は必要なく汚れた部分の清掃のみ。のりが不要になったことで機能する粒子の表面積が大きくなり、光触媒としての効果が持続する。蛍光灯・LEDなどの薄暗い光でも効果を発揮する。

 従来型の効果持続は半年から1年ほどだが、同商品は5年以上持続するという。費用は施工面積が300~500平米の場合、平米あたり4000円前後から。

 「省エネや衛生など環境事業を通して社会に貢献したい」(竹下心社長)。

 ガラス用透明遮熱コーティング材、酸化チタンコーティング材とも代理店販売も検討中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう