三越伊勢丹ホールディングス(東京都新宿区)は医療モール事業に参入する。1月9日、ヒューリック(東京都中央区)、スマートメディカル(東京都千代田区)との3社で合弁会社「スマート・ライフ・マネジメント」を設立すると発表した。

 都市部の百貨店や駅近のビルに、クリニックや薬局、美容関連サービス店、ヘルスケア商品販売店などの「次世代型ヘルスケアモール」を出店し、若い世代からシニア世代までを対象としたサービスを提供。「美容・健康」の視点から予防医療や健康長寿のライフスタイル提案など、シニアの利用を見込んだサービスを検討しているものの、広報部によると具体的なサービスは未定だという。

 2016年度中に第一号案件を開業予定。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう