厚生労働省が今月18日に発表した65歳以上の障害者の自立支援給付と介護保険制度の適用に関する調査によると、8割の市区町村で介護保険サービスと障害福祉サービスの併給が可能なことを住民に周知していないことが明らかになった。

 この調査は昨年8月、全国の285市区町村を対象に実施したもので、有効回答数は259(90・9%)。各市町村での介護保険サービスと障害者福祉サービスの運用状況や介護保険被保険者に対する支給決定等の状況について聞いた。

 調査結果によると、障害福祉サービス利用人数は現在、35万205人で、そのうち65歳以上の利用者は9・8%だった。また障害福祉サービスを利用している高齢者のうち、障害者福祉サービスのみの利用者は64・3%、障害者福祉サービスと介護保険の両方の利用者は35・7%と半数以下だった。

 また、「介護保険サービスと障害福祉サービスの併給が可能な旨を住民へ周知しているか」という問いについては、18・9%の市区町村が「している」、80・7%が「していない」と回答。

 さらに「介護保険サービスと障害福祉サービスの併給が可能な旨を障害福祉サービス利用者への事前案をしているか」については7・7%がしていなかった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう