医療法人社団和啓会(東京都文京区)は、介護付有料老人ホームを運営。4月に既存の運営事業者から運営権を承継。入居率は75%程度だったが、6月から本格的な入居募集を開始。申し込みを含め90%近くまで入居率を高めた。今秋には満室とする計画。

 承継後のホームの名称は「メディクスケアホーム松戸」。2005年に新設されたが、今年4月に和啓会に運営権が譲渡された。建物は6階建て、居室は2階から上層階で全98室。居室面積は約13平米。2階は認知症ケア専門フロア(24室)としている。

 入居者の平均要介護度は3・1。看護師を24時間体制で配置。常勤換算で7名の看護師が勤務しており、中重度者や医療依存度が高い入居者に対し手厚いサービスを実施。夜間の看護師配置は1名だったが、9月からは2名に増員する。

 作業療法士1名常勤、理学療法士1名非常勤の体制でリハビリにも注力。1階の機能訓練スペースで専門的なアクティビティやトレーニングを実施し身体機能を評価。認知症ケア専門フロアでは他のフロアよりも介護職員を手厚く配置している。

 浴室は入居者の状態に合わせ、機械浴、ミスト浴、一般浴を用意。館内の90%以上の居室・共用部分に床暖房を完備。温風ではないため、空気が乾燥しにくく感染症予防に効果を発揮している。

 食事はビーエムエスが開発した真空調理済冷凍食材を7月から利用。だし汁や素材にこだわった昔ながらの家庭料理をベースに、味の均一化を図っている。工場での徹底した管理による品質と安全性も確保。基本的に湯せんで調理不要のため、スタッフの負担も軽減する。味に定評のある山形・庄内産のコシヒカリを使用している。

 スタッフは事務職含め75名が所属。ほぼ全員、前運営法人から引き継いだ。入居時費用は入居一時金を採用していたが、運営継承後に廃止し、敷金43万8000円のみ。月額は家賃7万3000円、管理費7万5600円(税込)、食費5万970円(税込)で合計19万9570円。

 入居者は承継時点で73名だったが、6月から本格的な新規募集を開始。現在申込みを含め85名の入居が決定。10月には満室の見込みだ。

 和啓会は2005年に設立し在宅医療や訪問看護、居宅介護支援事業所を展開。関東に4ヵ所、関西に2ヵ所の在宅療養支援診療所を開設。すべて高齢者施設に併設している。医師は常勤7名、非常勤20名以上。看護師は常勤23名が在籍している。関東圏・関西圏の29ホーム約800名の他、個人宅の患者約150名に訪問診療を実施している。「メディクスケアホーム松戸」館内または近隣に、来年4月を目途に7つ目の診療所を開設する計画。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう