キャピタルメディカ(東京都港区)の子会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ(同)は4月30日、都内でヘルスケア関連の優れた事業モデルを競うコンテスト「ヘルスケアベンチャー・フォーラム」を開催する。

 

 テーマは(1)病院経営を支援する事業やサービス、(2)医療介護連携事業やサービス、(3)予防医療や検査に関する事業やサービス、(4)自由テーマのいずれか。企画段階のものでも参加可能としている。

 

 審査員には予防医療普及協会(同千代田区)の理事を務める堀江貴文氏や既にこの領域で実績をあげているMRT(同渋谷区)の馬場稔正社長、エス・エム・エス(同港区)の福田升二介護事業本部長らを招く。

 

 プラン募集は終了しており、30日はファイナリスト4社が登壇、プレゼンする。優勝賞金は100万円。法人または法人化予定のチームはキャピタルメディカ・ベンチャーズから融資を受けることも可能。

 

 会場は三井住友銀行東館ライジング・スクエアSMBCホール。時間は14時~18時。18時~19時まで懇親会を開催する。参加料金は懇親会費用込で3240円。参加申し込みはウェブページより。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう