スポンサーリンク

一般社団法人日本サルコペニア・フレイル学会(東京都千代田区)は、「認定指導士制度」を発足する。高齢者などの機能評価を通じ、適切な指導ができる人材を育成する。制度は来年度から開始予定。

対象者は、医療・福祉に関する国家資格、または学会が認めた医師、歯科医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、栄養士、社会福祉士、介護福祉士などの資格を取得して3年以上経過している会員を予定。

申請の際は、サルコペニアやフレイルを評価し、自身の専門資格に基づく指導を行った症例の報告も課す予定。そのほか講習の受講と資格試験に合格することを条件とする。同協会は「介護予防に、多職種チーム活動を通して貢献してもらいたい」とコメントしている。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう