厚生労働省は10月10日の規制改革推進会議で、今月中にも「混合介護」についての有識者会議を立ち上げ、ルールの明確化に向けた検討を行う考えを明らかにした。

 

 有識者会議は、民間シンクタンクなどに運営を委託する「調査研究事業」の枠組みで設けられる。メンバーは調整中だが、まずは保険者を対象にアンケート調査を行い、その調査結果を踏まえた上で議論し、今年度末に取りまとめる予定。

 

 政府は6月に「規制改革実施計画」を閣議決定。混合介護のルールを整理した上で、一覧性・明確性を持たせた通知を来年度上期のうちに出すよう指示している。

 

 厚労省は、「利用者の負担が不当に拡大する恐れ」や「自立支援という理念の形骸化」などを指摘し、慎重な態度をとってきた。

 

 厚生労働省は10月10日の規制改革推進会議で、今月中にも「混合介護」についての有識者会議を立ち上げ、ルールの明確化に向けた検討を行う考えを明らかにした。

 

 有識者会議は、民間シンクタンクなどに運営を委託する「調査研究事業」の枠組みで設けられる。メンバーは調整中だが、まずは保険者を対象にアンケート調査を行い、その調査結果を踏まえた上で議論し、今年度末に取りまとめる予定。

 

 政府は6月に「規制改革実施計画」を閣議決定。混合介護のルールを整理した上で、一覧性・明確性を持たせた通知を来年度上期のうちに出すよう指示している。

 

 厚労省は、「利用者の負担が不当に拡大する恐れ」や「自立支援という理念の形骸化」などを指摘し、慎重な態度をとってきた。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう