医療法人誠仁会りょうき歯科クリニック(大阪府東大阪市)は現在80人以上のスタッフを有する大阪府内でも大規模な歯科クリニックだ。20年前より訪問診療も手がけており、月の訪問レセプト件数は約600枚。クリニックの強みなどについて領木誠一理事長に話を聞いた。

病院と町医者の良いところ融合

──法人の概要について教えて下さい。

領木 24年前に開業しました。20年前より訪問歯科診療を行っています。現在のスタッフは医師が常勤で11人、非常勤で7人います。このほか歯科技工士、歯科衛生士など総勢で80人以上のスタッフがいます。クリニックを1つしか運営していない歯科としては、おそらく大阪府内でもトップクラスの規模だと思います。今年5月にクリニックを新設移転しました。

──クリニックの特徴は。

領木 当初よりいわゆる「町のクリニック」と「大規模病院」の良いところを併せ持ったクリニックを目指してきました。
まず、大規模病院の良いところは24時間365日体制で緊急対応が可能な点です。当クリニックでは元旦以外の364日営業しており、診療は22時まで行っています。

また、大規模病院では内科、外科など様々な専門医がおり、それらの医師が連携して治療に取り組んでいます。当クリニックは、診療科目は歯科だけですが、医師は矯正、インプラントなど、それぞれに高い専門性を持っており、複数医師の連携により歯に関する様々な問題にワンストップで対応できる体制を整えています。
さらに、大規模病院は医師や看護師の教育・育成機関としての役割も持っています。5月にクリニックを新設移転したのを機に、建物内に研修室を設け、病院と同様の教育・育成機能を持たせています。

──逆に「町のクリニック」の良いところとは。

領木 サービス業の考えが病院に比べて強いことです。当クリニックには「ホスピタリティマネージャー」という肩書のスタッフもいます。患者の目線から見て、クリニックの様々な品質に問題がないか、などという点を日々チェックしています。無資格の歯科助手ですが、彼女たちが医師に「ここはこうした方がいい」と意見を述べることも珍しくはありません。

高齢者住宅への訪問実績約40棟

──訪問歯科診療も行っています。

領木 非常勤の医師のうち4人が訪問専属で活動しています。また常勤医のうち4人がローテーションを組んで訪問を行っています。外来診療同様に、元旦以外は訪問しますし、定期の訪問以外に何か要望があった場合には24時間以内には対応をする様にしています。医師の数も多いので、1人の患者に対して、ほぼ同じ医師が訪問することも可能になっています。

──訪問実績は。

領木 訪問のレセプトだけで月に約600枚です。そのうち有料老人ホームなどの高齢者住宅が7割、一般在宅が3割です。現在訪問している高齢者住宅は約40棟です。

──対応可能なエリアは。

領木 訪問が可能な16キロ範囲内であれば、どこでも対応します。具体的には、北は大阪府箕面市、西は兵庫県尼崎市、南は堺市、東は奈良県生駒市までです。

──利用する高齢者住宅側のメリットは何でしょうか。

領木 ほかのクリニックに比べて訪問対応してくれる時間が長いことを最も評価してもらっています。また訪問先の高齢者住宅に対しては、利用者や家族、スタッフなどを対象にした歯や口腔ケアなどに関するミニセミナーを無料で行っており、これも好評です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう