記事 Article

2017年11月01日号

スギ薬局、大府市と包括協定

 スギ薬局(愛知県大府市)は昨年3月、自治体との連携を強化した「地域密着貢献プロジェクト」を発足。愛知県大府市や西尾市など15市町以上と、健康増進を目指したイベントの開催などを行っている。

 

 

15市町との連携を強化 地域密着で健康増進へ

 

 

── 新プロジェクトの狙いは。

 

望月 昨年の3月より、地域により密着していく企業を目指し、地域密着貢献プロジェクトを発足しました。高齢化や地域での活動が希薄となってきている中で、健康・キレイ・快適・安心などの様々なニーズが潜んでいます。地域と連携した行事・催しなどを、地元行政と一緒になって取り組むことで、住民の様々な困りごとを解決し「ウエルネス」の実現に向け、当社の活動を発信し、サポートしていきたいと考えています。

 


── 自治体との連携事例は。

 

望月 三河地区を中心に、15市町以上で行政と連携しながら、行事・催しなどを行っています。本社のある大府市とは、9月8日に「地域見守り活動に関する包括協定」を締結。当社が市内で行っている日常業務の範囲において、地域で何らかの異変を察知した場合、速やかに大府市に連絡または関係機関に知らせます。また、西尾市とは5月16日に、包括連携協定を締結しました。自治体との連携を強固なものにして、地元住民のウエルネスの実現に向けて様々な取り組みを行っています。地域に密着した取り組みには、地域のことを一番知っている行政の協力は欠かせません。また、行政だけでなく、地元NPOや老人会など、地域の団体との連携も必要となります。もともとあるつながりを、当社が中心となって強めていくことで、より地域に密着した取り組みになると考えています。

 


── 具体的には。

望月 例えば、大府市と連携した取り組みでは、「大府健康の森ウオーキング」をあいち健康の森公園にて開催し60人が参加。ノルディックポールの貸し出しを行い、運動を始めるきっかけづくりを目指しました。また、「神田コミュニティ健康測定会」も行いました。高齢者の居場所づくりを目的に、近崎ふれあい会館にて健康測定(体組成・血管年齢・骨密度)、管理栄養士による相談会を実施し、45名が参加しました。西尾市と連携した事例では、地域に根差した健康増進への取り組みとして、西尾市民げんきプラザにて「音楽と運動教室」を実施。地域のシニア25人が参加し、「筋力アップのための食事と運動のコツ」セミナー及び体組成の測定会を行いました。今後さらに、健康増進などをテーマとした取り組みに注力していきたいと考えています。