記事 Article

2018年04月04日号

埼玉で複合施設、JR東日本開設

埼玉で複合施設 JR東日本開設

 

 東日本旅客鉄道(以下・JR東日本/東京都渋谷区)は、4月1日、子育て支援と高齢者福祉の複合施設「コトニア越谷」を、埼玉県越谷市に開設した。
 立地は武蔵野線の越谷レイクタウン駅至近の高架下空間を活用。悪天候でも利用できる園庭を挟んで、子育て支援施設と高齢者施設を配した。

 


 子育て支援施設は定員90名の認可保育園、一時預かり保育や育児相談などに応じる保育ステーションで構成。高齢者施設は、機能訓練型のデイサービス施設を開設した。
 JR東日本は2013年から首都圏で同様の複合施設を開設しており、埼玉県内への進出は初となる。

 


 さらに、10月には武蔵浦和駅(さいたま市)近くにも同様の施設を開設予定。子供と高齢者など多世代交流を促し、暮らしやすい沿線づくりにつなげるとする。