スポンサーリンク

世界遺産の町、群馬県富岡市。同市を中心とする富岡圏域で医療・介護連携による地域包括ケアシステムの構築を目指すのが細谷グループ(群馬県富岡市)だ。医療法人民善会(同)の細谷クリニックを中核に、グループで住宅型有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、デイサービスセンターなどの高齢者施設を展開している。

── グループの構成は。

向井 細谷グループは、医療法人民善会、社会福祉法人民善会(同)、ホソヤ(同)、医療法人慶心会(同高崎市)などで構成され、富岡市を中心とした18エリアで医療・介護施設などを運営。高齢者医療・介護のスペシャリストとして、地域包括ケアシステムの仕組みづくりを加速させている。

── 事業内容は。

向井 クリニック、透析クリニック、オンライン診療などの医療サービス。介護医療院、老健、医療強化型老人ホーム、介護付有料老人ホーム、特養、ショートステイなどの入居施設。訪問看護・介護、配食サービス、高齢者タクシー、生活支援サービスなどの訪問系サービス。デイサービス、通所リハといった通所系サービスなどを展開。重症者や看取りにも対応できる、効率的で質の高い在宅医療や介護の提供を行うための医療・介護連携を強化している。

── 群馬県内で一番早く介護医療院を開院した。

向井 介護サービスの利用者はますます高齢化し、それにともなって慢性的な病気を抱える人も増加する。そのため介護の現場では経管栄養や痰の吸引などの日常的な管理から、急変した場合の処置、さらに看取りやターミナルケアなどの高度な医療まで、さまざまな対応が求められる。介護医療院は介護と医療の両方を兼ね備え、生活の場としての機能も持っている。地域に必要不可欠な施設だと考え、19床の有床クリニックと48床の介護療養型老人保健施設を転換し、今年4月1日に「介護医療院細谷(67床)」を開院した。

── 地域共生の仕組みづくりにも取り組んでいる。

向井 「一ノ宮ハッピーセンター縁(ゆかり)」は、子供から高齢者までが楽しめる地域共生型複合サービス施設として運営。年齢や障害の有無にかかわらず、さまざまな世代が交流することで、地域社会が活性化していくことを目的としており、多世代交流・共生の街づくりの一助になればと考えている。建物は2階建てで、1階部分で大規模デイサービスを運営。2階部分では、元気なシニア層をメインターゲットとする「フィットネスセンター縁」の運営のほか、カフェや「こどもの居場所」、「ふれあいの居場所」などを用意。利用者やその家族、地域住民が協働できる「居場所」づくりを行っている。

── 今後については。

向井 6月に医療法人民善会が「介護老人保健施設細谷(50床)」と「細谷透析クリニック(30床)」をオープンさせ、ホソヤが9棟目となる介護付有料老人ホーム「アットホーム尚久吉井(50床)」を開設した。今後も、長年高齢者医療に携わってきた経験を活かし、医療・介護分野で、シームレスな連携が可能な体制を整えていく。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう