ALSOK(東京都港区)は6月18日、ケアプラスの全株式を取得し、子会社化すると発表した。ケアプラスは、在宅療養者向けに、訪問医療マッサージを提供しており、「まごころベルサービス」ブランドで事業を展開。2015年10月に投資事業有限責任組合キャス・キャピタル・ファンドが株主となり、専門的な技能を有するあん摩マッサージ指圧師の施術によって、利用者のADL機能の維持・改善を目指してきた。

 

 ALSOKは、高齢者向けサービスを重要領域と位置づけ、HCM、ALSOKあんしんケアサポート、ウイズネットの買収により介護サービスの充実を図りつつ、「みまもりサポート」や「緊急通報サービス」などの開発・提供を行っている。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう