6月18日、一般社団法人日本介護支援専門員協会(東京都千代田区)は大阪府北部を震源とする地震を受け、今後地震等の被害に対応するための災害対策本部を設置した。

今回の地震による被害の状況を整理し、適切な対応がとれるよう、協会の会員等に被災地での支援ニーズや介護支援専門員の活動についての情報提供を呼びかけた。

災害対策本部長の柴口里則同協会会長は「現場の情報を整理して、関係機関との連絡・調整を行い、その上でしかるべき対応に努めます」と述べており、災害への迅速な対応を示した。

なお、集約された情報は厚生労働省に送られ、今後の国の災害支援活動に活かされる。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう