日清オイリオグループ(東京都中央区)は7月2日、都内にて「第20回ありがとう介護研究会」を開催した。同大会は、年に2回、介護関係者だけでなく、介護に関心のある人に向けて情報発信を行ってきた。

 今回は「よく生きるとは?~在宅ケアと訪問看護~」をテーマに開催。講演とともに展示ブースも設けられた。

 同研究会では2名が講演。高齢者住宅新聞社社長の網谷敏数が「住まいと介護・医療を考える」と題し現在の介護・医療業界の状況と最新動向について話した。東京都訪問看護ステーション協会の椎名美恵子会長は「在宅ケアと訪問看護」を演題とし、登壇した。

 その他、同社による展示ブースにてエネルギー補給食品や高齢者・介護対応食品などの展示やサンプルが提供された。当日は100名以上の聴講者が集まった。

 同研究会は、今回で一旦休会することとなった。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう