第4次安倍改造内閣が2日に発足、新厚生労働大臣には、根本匠元復興大臣が就任した。根本大臣は、厚生政務次官や内閣府副大臣、首相補佐官などを歴任してきた。
なお、新設された「全世代型社会保障改革担当大臣」は茂木敏充経済再生担当大臣が兼務する。これについて根本大臣は、「全省庁を横断する課題として厚労省が中心となり、連携して取り組む」との認識を示した。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう