出光興産(東京都千代田区)の子会社で、カーケア用品や生活関連商材などを全国約3700のガソリンスタンドで販売するアポロリテイリング(同中央区)は、今年初めに介護事業への参入を表明していたが、11月1日にリハビリ型デイサービス(半日型)第一号店を千葉県船橋市に完成させた。高齢者の自立支援を目的とした社会貢献と、新たな事業展開による多角化経営の強化を図る。

 

事業所名は「リハプライド船橋丸山」。定員は、午前と午後各20名。今年2月に出光興産とリハビリ型デイサービス事業を展開するリハコンテンツが業務・資本提携契約を締結したことを契機に、アポロリテイリングがリハコンテンツのフランチャイズに加盟し、開設に至った。船橋市での開設は、リハコンテンツ本社があることでフォローがしやすいという点と、デイの需要を考慮したため。
デイ内には、ドイツ生まれのメディカル・トレーニングマシン6台を設置。座る・立つ・歩くの基本動作を鍛えることができる。見学中は、2台のマシンを体験することができる。

 

今後はリハデイの運営ノウハウを蓄積した上で介護事業の展開を考えていく。また、販売店への事業の紹介も行っていきたいという。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう