スポンサーリンク

AIを利活用し、介護・医療分野における課題解決のサービスを提供するエクサウィザーズ(東京都港区)は、自治体における介護関連データを対象とした要介護度予測AIの開発を開始、このたび神奈川県での実証事業に採択された。神奈川県の市町村の協力のもと、個人レベルでのAIによる要介護度予測モデルを開発し、市町村における効果的な介護施策立案に資する、要介護者の重症化要因の解析や要介護度別の特徴抽出などを行う。

今回採用された実証事業は神奈川県の「ME‐BYОリビングラボ」。県が推進している、県民の意識変容・行動変容と未病産業の発展を促し健康寿命の延伸を図るヘルスケア・ニューフロンティア政策の一環だ。県内市町村や健康経営を実践する企業、アカデミアなどと連携し、商品・サービスの機能・効果の検証を行う実証フィールドを提供、その結果評価を行う。

自治体の持つ介護関連データに対し、同社のAI技術を活用、要介護度の将来予測を実施する。要介護者の時系列での状態推移と介入による効果を切り分け、対象の特定セグメントにおける属性や自立度、行動特性などの特徴も定量的に把握する。介護に関するエビデンスの蓄積をめざす方針だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう