スポンサーリンク

三井不動産レジデンシャル(東京都中央区)は5月29日、グループ1棟目の高齢者住宅「パークウェルステイト浜田山」のプレス向け説明会を開催。大手不動産デベロッパーが手掛ける富裕層向けの高齢者住宅とあり、多くのメディア関係者が詰め掛けた。

入居時75歳/101㎡、前払い金は3億円

サービス付き高齢者向け住宅「パークウェルステイト浜田山」は、京王井の頭線の浜田山駅から徒歩9分、東京都杉並区の住宅街に立地。
鉄筋コンクリート造の地下1階・地上3階建て。一般居室62戸、介護居室8戸からなるが、入居時の要件は自立とし、当面介護居室は利用しない方針だ。入居者のためのバックベッドのような役割となる。介護居室へ移る場合でも追加料金などはない。

賃料は75歳単身の場合、約58平米の居室で前払金が約1億7000万円、別途共益費・基本サービス費などの月額が約26万円とかなりの高額帯。同様の条件で101平米の居室の場合、前払金は約3億円、別途月額31万5000円。
三井不動産レジデンシャルの井上貴嗣シニアレジデンス事業部長は「マンション販売の営業戦略とは異なる。満室までは3年程度かかるのではないか」と話す。入居時年齢は75歳から80代を想定している。

近年、同社が手掛けた都心で利便性の高い立地の分譲マンションでは、購入者の2~3割は60歳以上。グレードの高い物件では高齢者の住み替えは活発だ。
「パークウェルステイト浜田山のような、自宅でも施設でもないレジデンスのニーズはさらに増えるだろう」(井上氏)
同社ではすでに2021年に千葉県鴨川市に473戸、次いで東京都港区に300戸の超大型有料老人ホームの計画がある。今後は年に1~2棟ペースで新設を予定。当面物件は流動化せず三井不動産グループで所有を続けていくという。

パークウェルステイト浜田山の敷地面積は1611坪。広い庭には1100本の樹木を植栽し、散策を楽しめるコースもある。
居室や共用部のデザインは高級マンションやホテルのような内装。入居者がくつろぐラウンジも2ヵ所用意した。
各居室の浴槽とは別に、共用の大浴場では男女ともに檜風呂、石風呂の2種類の浴槽を揃えた。浴室の入退場はカードキーにより管理し、入浴時間をスタッフが把握できる。
食事は予約不要の自由喫食。管理栄養士が考案した日替わり・定番メニューのほか、予約制のイベント・コースメニューの提供も可能だ。
そのほか、ヘアサロン、フィットネスルーム、シアタールーム、麻雀卓、アトリエなども用意。

全体を統括するのは帝国ホテル出身の総支配人。その下に健康管理、及びサービスを担当するウェルネスマネージャーとサービスマネージャーを配置する。各個人の要望には専門コンシェルジュの紹介も行う。
月額料金に含まれている健康管理・生活支援、また介護保険サービスは東京海上日動ベターライフサービスに委託。訪問介護事業所「TOKIORI浜田山」が併設されている。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう