自立支援型デイサービスを全国で運営するポラリス(兵庫県宝塚市)と海外クルーズ事業を手がけるジャパングレイス(東京都新宿区)は6月26日、包括連携協定を締結したと発表した。今後、ジャパングレイスのクルーズ船の中で、乗客に対しポラリスが自立支援介護を提供していく。

ジャパングレイスは1983年より「ピースボート」による世界一周クルーズを行っており、これまで累計で8万人が乗船している。その中には50代以上も数多く参加している。1回の航海期間は約3ヵ月。この間、船内でポラリスが実際にデイサービスで利用している機器などを用いたサービスを提供する。

詳細については、今後詰めていくというが、ポラリスの介護福祉士が乗船し、デイサービス同様に個別プランを作成し、トレーニングに当たる予定。介護保険は適用されない完全自費サービスとなる。費用などについては未定。

画像:片岡和志氏撮影

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう