スポンサーリンク

「ライフマネージャー」を配置

ソニー・ライフケアグループのライフケアデザイン(東京都渋谷区)は1日、4棟目の介護付有料老人ホーム「ソナーレ浜田山」を東京都杉並区にオープンした。ソナーレブランドでは初となる高級有料老人ホーム。

京王井の頭線浜田山駅から徒歩3分の立地で居室数は67室。人員配置は2:1で24時間看護師を配置する。月額利用料は74万2500円(月払いプラン/約20平米)。

入居者の生活に焦点を当てた「LifeFocus」をサービスコンセプトに、ケアマネジャーに加えて、「ライフマネージャー」を配置。入居者一人ひとりの人生経験や人柄、要望などを踏まえながら、「ライフケアプラン」を作成する。

また、スタッフの働きやすい環境づくりにも配慮。見守りシステムやナースコール、インカム、介護記録システムといったITを導入し、業務効率化を図るほか、休憩スペースにはプライベート空間を設けた。

先月25日に開催された開所式で出井学社長は「老人ホーム事業を開始して3年半、これまでのノウハウを踏襲して、ソナーレブランドのフラッグシップモデルを創り上げていきたい」と述べた。
来年3月には新宿区で高級有老「ソナーレ目白御留山」の開設を予定している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう