スポンサーリンク

 大和証券グループの有料老人ホーム運営会社グッドタイムリビング(東京都港区/旧オリックス・リビング)は、運営施設の不動産を流動化する。

 

自社所有の有老21物件のうち、19物件を大和証券グループが運用するリートに総額411億円で売却する。いわゆるヘルスケア施設で1法人がまとめて売却する価格としては過去最大とみられる。

 

物件を取得するのは同グループの大和リアル・エステート・アセット・マネジメント(同/DR)が運用するヘルスケアリート「日本ヘルスケア投資法人(NHI)」。NHIは今回、グッドタイムリビングの19物件のほか、SOMPOケア、HITOWAケアサービスなどが運営する9施設・215億円も含め、合計28物件・626億円を取得する。

 

NHIは、同じくDRが運用する「日本賃貸住宅投資法人」と来年4月に合併予定。合併後の資産規模は3030億円となる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう