スポンサーリンク

ロングライフホールディング(大阪市)は来年1月29日付けで代表取締役を含めた経営陣の異動を行う予定だ。

 

 

小嶋ひろみ現専務取締役が代表取締役社長に就任。遠藤正一現代表取締役社長は取締役に就任する。また北村政美現代表取締役副社長は代表取締役会長となる。

 

 

このほか大麻良太現取締役(元エルケア、元日本ロングライフ代表取締役社長)、遠藤拓馬ロングライフリゾート代表取締役社長の両名が常務取締役に就任する。

 

 

小嶋次期社長は1966年生まれ。93年に現在のロングライフホールディングである関西福祉事業社に入社。これまで取締役介護部部長、専務取締役、日本ロングライフ代表取締役社長などを歴任してきた。

 

 

なお、今回の一連の異動の理由について同社では「経営体制の更なる強化充実を図るため」としている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう