スポンサーリンク

 

 

 

スミリンケアライフ(神戸市)は5月18日、サービス付き高齢者向け住宅「エレガーノ西宮」を兵庫県西宮市に開設した。総戸数は309戸(一般居室219・介護居室90)で国内最大級のサ高住となる。

 

 

 

一般居室の最多面積帯は61平米、入居金は平均6000万円程度という高級物件。月額費用は食費込みで19万9000円(税別)から。建物には居宅介護支援事業所、訪問介護、訪問看護に加え、協力病院のサテライトクリニックが併設されている。

また2つの協力病院への送迎バスを平日毎日運行するほか、希望者に年1回実施する人間ドックでは頭部MRIや腫瘍マーカーを標準項目とするなど、介護・医療提供体制を整えている。

 

 

 

同社は神戸製鋼子会社の神鋼ケアライフとして1991年に設立。2017年4月に住友林業が発行済み株式の66.7%を取得し連結子会社化した。これまで神戸市で3棟の高級介護付有料老人ホームと7ヵ所の在宅サービス事業所を運営してきた。

 

エレガーノ西宮 外観

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう