国の2020年度第2次補正予算案が5月27日に閣議決定され、介護職員にも慰労金が支給される見通しとなった。新型コロナウイルス感染症が発生、または濃厚接触者に対応した施設や事業所の職員には20万円、それ以外の利用者と接触する職員には5万円を支給する仕組み。

 

 

 

補正予算案で6091億円

 

財源は「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(介護等)」で総額は6091億円。補正予算の成立後、国から都道府県に交付された後、職員に支給される見込み。

 

 

事業者支援では、感染症対策に必要な物品購入や外部専門家などによる研修実施、「多機能型簡易居室」の設置などに関する「かかり増し費用」などに支援が行われる。このほか、ケアマネジャーや介護サービス事業所を対象に、サービス利用休止者の利用再開に必要なアセスメントやニーズ調査などで生じる費用についても支援が行われる。

 

 

都道府県には、第2波に備えた消毒液や一般用マスクなどの備蓄、緊急時の応援に関するコーディネート機能の確保などの必要な経費が交付される。

 

 

20年度第2次補正予算案は総額31兆9114億円で補正予算としては過去最大となる。厚生労働省分は4兆9733億円。診療報酬の特例的な引き上げに関連した費用なども合わせて計上されている。

 

(関連記事)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう