「桜の動画」好評 通年サービスへ

 

高齢者施設のツアー旅行・個人向け介護付き旅行の企画・運営を手がけるハンディネットワークインターナショナル(大阪府箕面市)は、今年春に実施した、桜の動画を無料配信するサービス「SAKURA Delivery Project」が好評を博したことを受け、四季折々の動画を撮影・配信する「4 SEAZONS DeliveryProject」を開始する。7月7日に夏の動画をYouTubeで配信する。

 

 

 

今年の春は新型コロナウイルスの感染拡大により、高齢者施設の多くで利用者の外出が制限され、花見が中止となった。同社では「高齢者の中には、来年の桜が見られない人もいる。何としても『今年の桜』を見せたい」と考え、大阪城、吉野、京都の大沢池など関西の桜の名所5ヵ所を撮影し配信した。

 

 

 

緊急事態宣言は解除になったものの、しばらくは高齢者施設では外出などは困難な状況が続くことが考えられるため、今後も夏・秋・冬と、日本の美しい風景などを高齢者施設に届ける。夏については、夜空と蛍の映像を考えているという。映像は合計で45分~1時間程度になる予定だ。

 

 

イベント用食事のデリバリーも

 

また、高齢者施設からは「みんなで桜の映像を見ながら食事を楽しんだが、できたらイベント向きの食事の手配もしてくれると助かる」といった声が多く寄せられたという。そこでスリーフォレスト(東京都新宿区)と提携し、イベント食のデリバリーも開始する。夏は鰻重の提供を計画中だ。

 

 

「このほか、秋以降は『バーチャル旅行』を楽しめるよう、観光地の土産物を届けるなどメニューを拡充していきます」(春山哲朗社長)なお、秋・冬の動画撮影については6月20日よりクラウドファンディングで一般からの支援を募る。

 

ハンディネットワークインターナショナル 春山哲朗社長

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう