次期改定 報酬の是正求む

UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(以下・NCCU/東京都港区)は1日、2021年度介護報酬改定に関する署名活動を開始した。

 

内容は、
①介護従事者が、介護の仕事を安心・安定して永く続けることが出来るような介護報酬水準の設定
②利用者・家族そして介護従事者が、理解し納得できるよう簡素な仕組みの介護報酬の設定
の2点を求めるもの。

 

 

NCCUでは「介護職の賃金水準が全産業平均と同等になることを目指し、報酬を上乗せしてほしい。一方で加算の複雑化などについても対応を検討してほしい」としている。

 

 

介護業界の労働組合であるNCCUの組合員数は約8万4000人。今回、組合員の家族や知人などから幅広く署名を募り、50万人分を目指して厚生労働省に提出する方針だ。

 

 

受付締め切りは10月5日。WEB上から、または署名用紙に署名の上、郵送にて受け付ける。詳細はNCCUホームページを参照のこと。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう