スポンサーリンク

 

 

 

小型家電リサイクル事業、インタ―ネットによる古本などの販売事業を手掛ける、リネットジャパングループ(名古屋市)は8月28日、障害者向けグループホーム事業への参入を目的に、子会社リネットジャパンソーシャルケア( 愛知県大府市)を設立した。2021年1月より事業を開始する。

 

 

 

資本金は1000万円で、リネットジャパングループが100%出資する子会社となる。事業内容は、GHなどの障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス事業など。
リネットジャパングループはこれまでに、小型家電リサイクル事業において、回収した家電を分解する行程で、知的障害を持つ人を一般雇用で採用するなど、障害者の雇用推進に取り組んできた。

 

 

 

設立について、同社は「障害者雇用を推進する中で、日本で自立した生活を支える障害福祉サービスが不足しているとわかった。障害を抱え1人で生活を送ることができない人々が共同生活できる場所やサポートを提供する障害者向けグループホーム事業に進出すべく、子会社の設立に至った」としている。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう