スポンサーリンク

 

 

 

高齢者施設運営最大手のSOMPOケア(東京都品川区)は、大手不動産デベロッパー東京建物(同中央区)の子会社でサービス付き高齢者向け住宅などを運営する東京建物シニアライフサポートを買収する。

 

 

SOMPOケアは東京建物が持つ東京建物SLSの全株を取得する。株式取得は12月1日を予定。取得価格は公開していない。
ここ数年、内部体制の強化に重点を置いていた同社は買収や新規開設を控えていた。

 

 

東京建物シニアライフサポートは東京・神奈川・埼玉でサ高住や有料老人ホームなどを計19棟運営。
自社による介護サービス提供や大手中堅介護会社との提携によりオペレーションを構築してきた。

 

しかし、東京建物SLSの直近3期は赤字が続いていた。親会社である東京建物は事業ポートフォリオの最適化の観点から今回の売却を決定したとみられる。

 

 

高齢者住宅新聞10月7日号で詳細を掲載する。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう