スポンサーリンク

 

 

 

既存概念に捉われない改革を

スマホゲーム「ポケモンGO」が登場して4年余りが過ぎました。多くのスマホゲームは登場後2ヵ月で衰退すると言われているので、4年以上経過しても人気を維持しているのは驚異的です。
その最大の理由は主なユーザーが50代、60代の中高年であることです。

 

 

実は本年1月頃からの新型コロナウイルス感染症の拡大で、このビジネスも例外なく大きな影響を受け、業績が悪化しました。ところがその後商品コンセプトの変更を含む様々な工夫を施し、見事にV字回復を図っています。今回と次回に分けてその秘訣をお伝えします。

このゲームの魅力の一つは、街中の「ジム」に出現する「ボスポケモン」を複数のプレーヤーが一緒に倒す「レイドバトル」です。これをするには従来ジムのそばまで出向く必要がありました。

 

 

 

苦肉の策「リモートレイドパス」が業績回復に貢献 

しかし、コロナ禍による外出自粛要請が2ヵ月以上に渡り、他者との密接を避ける必要性が生じました。そこでジムのそばに出向かなくても参加できるように有料の「リモートレイドパス」を苦肉の策として導入したのです。

 

 

ポケモンGOの基本コンセプトは「街に出て冒険をしよう」でした。ところが、コロナ禍で実現困難になったため「街に出なくても冒険できる」にルールを変えたのです。これはこのゲーム始まって以来の大きな変更でした。

ところが、これが大当たりしたのです。このパスを使うと自粛期間中に家の中からちょっと気晴らしにバトルに参加できました。また天気の悪い時にもわざわざ外出せずにバトルに参加できます。この利便性が購入増加につながったのです。

 

前述の通り、ポケモンGOプレーヤーの多くは50代、60代の中高年です。
外出自粛でこの年齢層が好む旅行にも行けず、お金を使う機会も減っていました。このため月数千円の出費に抵抗感が無くなっていたことも売上増の理由です。

 

 

コロナ禍で苦境に陥っている業種は、従来のビジネスのやり方にとらわれない大胆なルール変更を考えるべきです。そのことをポケモンGOは示しています。

 

 

 

村田裕之氏 村田アソシエイツ代表 東北大学特任教授

87年東北大学大学院工学研究科修了。日本総合研究所等を経て02年3月村田アソシエイツ代表。06年2月より東北大学特任教授。わが国シニアビジネス分野のパイオニアで多くの民間企業の新事業開発に参画。高齢社会研究の第一人者として講演、新聞・雑誌への執筆も多数。著書に「成功するシニアビジネスの教科書」(日本経済新聞出版社)など多数。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう