ベネッセスタイルケア(東京都新宿区)は10月30日、2020年度経済産業省「サービス産業強化事業費補助金(認知症共生社会に向けた製品・サービスの効果検証事業)」の事業者に採択された。

 

ベネッセスタイルケア 滝山真也社長

 

 

「認知症ケアメソッド」社会実装へ

初年度は、同社の有料老人ホームにおいて、社内シンクタンク監修の下、「認知症ケアメソッド」を用いた効果検証とコンテンツの拡充、ウェブサイトにおける公開準備を進める。21年度以降は社外での効果検証を実施し、「認知症ケアメソッド」の社会実装を目指す。

 

 

本事業では、認知症フレンドリーな製品・サービスを社会実装することによるQOL向上やインフォーマルケアコストの削減といった社会的な効果、および介護費への影響や認知症の人の社会参画の強化などによる経済的インパクトについて分析・評価する効果検証事業に対して補助を行う。今年度の採択事業者は、同社のほかにシルバーウッドやメディヴァ、綜合警備保障など11者。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう