厚生労働省は「上手な医療のかかり方」プロジェクトの一環で11月16日、「新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行に備える」をテーマに、特別対談イベントを開催した。当日は、田村憲久厚労大臣らによる対談の様子が配信され、過度な受診控えは健康被害を招くリスクがあると訴えた。

 

 

 

上手な医療のかかり方 イベント

「上手な医療のかかり方」プロジェクトは、時間外受診や休日受診の増加、いわゆるコンビニ受診などにより疲弊する医療現場の改善を目指している。

 

具体的には市民に対し、
▽かかりつけ医を持つ
▽平日・日中の受診
▽相談窓口の活用
――などをPRしている。

 

 

今回のイベントでは、田村厚労相、新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長、黒岩祐治神奈川県知事の3者による、事前に収録したディスカッションを配信。

田村厚労大臣は、「新型コロナの感染を恐れ検診や予防接種を控えた場合、高齢者は特に、持病の悪化やインフルエンザの重篤化を招きかねない」と警鐘を鳴らした。その上で、「こういったときこそすぐに相談できるかかりつけ医の存在が重要になる」と訴えた。また尾身会長は、病院では感染症対策が万全に実施されていること、知見が集積されたため院内感染発生時の対応力が格段に向上していることを取り上げ、「医療機関に安心してかかって欲しい」と語った。

 

トークセッションの様子

 

 

 

後半では、迫井正深医政局長、フリーアナウンサーの赤江珠緒氏、上手な医療のかかり方大使のデーモン閣下によるトークセッションが開催された。

 

デーモン閣下はオリジナルフェイスシールドを着用

 

 

迫井医政局長は、「新型コロナに罹患した疑いがあるとき、『仕事はどうしたらよいのか』といった悩みが生じる。そのとき、かかりつけ医ならその人の生活をよく知っているため、適切に対応できる」とした。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう