スポンサーリンク

 

 

 

厚生労働省は12月17日、2021年度介護報酬改定の改定率を+0.7%とすることを発表した。前回18年度介護報酬改定の+0.54%を上回る改定となる。

 

 

 

厚労省はプラス改定を求めていたのに対し、財政制度等審議会財政制度分科会は11月、21年度介護報酬改定について「プラス改定をすべき事情は見出せない」として、改定率の引き上げを見送るよう言及していた。

 

 

 

なお、今回改定の+0.7%には、新型コロナウイルス感染症対応のための特例的評価+0.05%を含む(21年9月末までの間)。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう