介護保険外「自費サービス」の提供方法として、度々話題に上るのが混合介護だ。東京都豊島区では弾力的に運用可能とした「選択的介護」のモデル事業を実施、混合介護の推進に努めてきた。関係者からの好意的な反応が得られた一方で、利用数は伸び悩んでいる。

 

 

 

区では選択的介護を一部サービスから開始し、徐々にその範囲を拡大させていく方針とした。先ず、訪問介護事業所を対象とした「平成30年度モデル」を2018年8月に実施。19年12月からは通所介護・居宅介護支援事業所を対象とする「令和元年度モデル」を開始した。また、独自の取り組みとして選択的介護の提供について、ケアプランへの記載を義務化している。

 

平成30年度モデルには11事業者が参加しているが、利用件数は20年4月末時点で38件。
令和元年度モデルへの参加者は2事業者、利用件数は7件にとどまっている。

 

 

ケアの質向上、好意的な声も

区では事業の効果検証のため、アンケート調査を2回実施している。モデル事業に参画している事業所、選択的介護の利用者、区内の居宅介護支援事業所所属のケアマネジャーが対象となった。

20年2月に実施した最新の調査では、選択的介護利用者の全員が、「大変満足している」「満足している」と回答しているほか、選択的介護を利用したケアマネの68 %が、利用者の生活に「少し好影響がある」「好影響がある」としている。

 

また、アンケートの自由記述では、事業者から「保険内のみでは見えづらい利用者の生活実態や考え方などが把握できるようになり、提供するサービスの質の向上にもつながっている」「保険内ではできない支援ができるようになり、職員が自身の特技の活かし方を考える契機となった。意識の向上も見られた」といった好意的な意見も多い。

 

 

事業所から高評価、アンケート調査で

一方で、選択的介護をケアプランに記載することについて、前回調査よりは10ポイントダウンしているものの依然、27%のケアマネが「盛り込みに慎重」と答えている。その理由として、58%が「ケアプランへの記載が難しい」を挙げており、利用数が伸び悩む原因になっていると考えられる。研修事業などを通じ、ケアマネの不安などを解消していくことが、普及の鍵となりそうだ。

 

 

 

「事業終了後も継続したい」本町まんぞく介護

2018年8月に始まった東京都豊島区の「選択的介護モデル事業」は、21年3月31日に終了する。
当初から事業に参加しており、区内で訪問介護、デイサービス、居宅介護支援などを手掛ける「本町まんぞく介護」(同)の西谷剛社長に、取り組みの成果について振り返ってもらった。

本町まんぞく介護 西谷剛社長

 

 

ケアの「質」「効率」が向上

――選択的介護の利用はどのくらいありましたか。

西谷 利用件数は13件で、その大半を「カメラやセンサーを活用した見守り」や「IoT機器等を活用した在宅支援サービス」が占めています。
介護業界では今後、現場のIoT・ICT化は必須です。モデル事業への参加にあたり各種見守り機器を導入、使用したことは、IoT・ICTの本格的な活用に向けた足掛かりになったと思います。

 

 

 

――どのような効果がありましたか。

西谷 活用例として、利用者宅に見守りセンサーを導入したケースでは、ケアマネが従来知り得なかった夜間の睡眠状況や起床時間などが把握できました。そのためアセスメント情報の精度が向上し、適切な時間帯にヘルパーが訪問するようにケアプランを調整でき、ケアの質と効率が上がりました。また、生活リズム情報を確認した利用者家族が積極的に意見をするようになり、関係者間の連携が深まりました。

 

 

 

――実践の中で感じた課題はありますか。

西谷 「ケアマネの業務負担増大」が挙げられます。区の有識者会議などで指摘されていたように、選択的介護に係る各種通知のチェックや、ケアプランへの記載、区への実施報告など、ケアマネの業務負担増は不可避。他の事業所のケアマネから「業務が煩雑になりすぎるため断念した」というケースもあったと聞いています。普及にあたっては、ケアマネの負担軽減とインセンティブの検討が必要ではないでしょうか。

 

 

 

――モデル事業は今年3月末で終わります。今後については。

西谷 事業修了後も選択的介護の提供は続ける方針です。今後は、グループの薬局と連携し「デイでの健康・療養支援サービス」の提供を推進していきます。選択的介護は、利用者と職員双方にメリットがあると、事業を通じて実感しました。介護保険のサービス縮小の流れの中で、選択的介護が収入の「柱」になるのは間違いないと感じています。今からそのノウハウを蓄積していきたいと思います。

〈事業者概要〉
法人名:本町まんぞく介護
代表者名:西谷剛
所在地:東京都豊島区
サービス類型:訪問介護、居宅介護支援、通所介護など
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう