ツクイ(横浜市)は、藤田観光(東京都文京区)から人材の出向を受け入れることを発表した。

3月より順次、開始する。

 

 

期間は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う影響が収束するまで、今後協議する。藤田観光がホテル業務を行う中で培った高いホスピタリティや接遇スキルを有する人材の出向を受け入れることで、コロナ禍における雇用維持への一助としつつ、同社での「人財確保」や既存スタッフの学び、さらには介護施設全体のサービス品質の向上に期待している。

 

 

藤田観光からの出向対象社員については、高齢者に対する接遇介助のスキルを身につけた人材に対し、「接遇介助士ホスピタント」の資格(現在、商標登録中)が認定される予定。

 

 

この資格は、NPO法人日本ホテルレストラン経営研究所(東京都千代田区)がホテル、旅館、レストランで働く人材の介護施設への出向において、障害者や高齢者に対する接遇介助のスキルを身につけた者に対して付与される業界初の呼称認定資格となる予定。藤田観光では、将来的な新規事業分野開拓の可能性模索など、複合的な効果を期待している。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう