岡山大学(岡山市)の研究グループは、医療従事者向けにバーチャルリアリティ(以下、VR)を使用した教育コンテンツを開発。VR技術による仮想空間内でウイルスの拡散・伝播状況を疑似体験し、現実世界における感染対策行動を促す。

 

 

 

適切な感染防止行動に

この教育コンテンツは、岡山大学学術研究院医歯薬学域の萩谷英大准教授らが開発した。VRシステムを用いて、目に見えないウイルスを仮想空間内の医療環境で視覚化できるソフトウェアを制作。仮想空間内で実際の医療現場で行われる診療・看護を行い、医療行為を通したウイルスの拡散・伝播状況を疑似体験することで、現実世界における手指衛生などの適切な感染防止行動につなげる。

 

研究を統括する五福明夫教授は「動画で受け身に学ぶのではなく、VRでよりリアルにウイルスの状況を感じることが、行動を変えるきっかけとなる」と語る。

 

現段階で開発しているのは、病室の清掃用のコンテンツ。清拭の際、どこにどの程度のウイルスが付着するか、色のついた点群で画面に表示される。例えば、テーブルを布巾できちんと拭いたつもりでも、まだ付着しているウイルスが目に見えてわかる。この疑似体験がより丁寧な清拭につながるという。

 

今後はさらに、点滴バッグ交換、点滴ライン確保、ガーゼ交換、尿量測定、おむつ交換などの様々なシチュエーションを想定したコンテンツを開発し、医療従事者向けの教育プログラムへと発展させる予定。

 

実際に試用した医療従事者は「これほどウイルスが付着するのかと愕然とした。こまめな手洗い、消毒の重要性を再認識できた」と話す。
五福教授は「ウイルスが拡散しない行動を医療従事者が無意識にとれるようにし、院内感染防止に役立てたい。将来的には介護現場への活用も考えている」と語った。

 

研究にあたり、公益財団法人西川医療振興財団の2020年度医学研究活動費助成事業助成金が適用された。

現状、病室内の物を動かす操作を行う際にはコントローラーを使用する必要があり、操作性に課題が残る。今後、データグローブを用いて自然な操作感で疑似体験できるよう開発を進める予定。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう