アビタシオン(福岡市)は、福岡の不動産デベロッパー福岡地所(同)の子会社で、有料老人ホーム運営の福岡地所シニアライフの全株式を取得した。これにより福岡地所は事実上介護事業から撤退となる。

 

 

 

福岡地所シニアライフは、自立棟・介護棟からなる介護付有料老人ホーム「ウィルマーク香椎浜」を2005年より運営していた。定員数200名弱の特定施設で、入居一時金は2000~5000万円台と福岡では有数の高級ホーム。

 

 

 

また、博多駅徒歩圏にサ高住を、系列の社会福祉法人で特養も運営していたが、2019年に地場ゼネコン系の・・・

(詳細は本紙7月7日号に掲載予定)

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう