NEC×Cone・Xi

日本電気(東京都港区/以下・NEC)と岡山市のスタートアップ企業Cone・Xi(岡山市/以下・コネクシー)は共同で、AIの活用により要支援・要介護者と訪問看護師をマッチングするシステムの実証実験を行うと、8月20日に発表した。同実証は9月下旬から、岡山市内で開始予定。これを通じ、訪問看護・介護に関する業務効率化への貢献を目指すとしている。

 

 

同実証でNECはシステム構築・運用、コネクシーは実証体制構築、カスタマーサポートを担当する。
NECは独自のAIを活用して、岡山市内の訪問看護ステーション約20事業所に所属する訪問看護師を対象に、約50名のケアマネジャーが担当する要支援・要介護者とマッチングするシステムの検証を行う。

 

出所:日本電気 資料

 

 

具体的には、ケアマネジャーが登録した要支援・要介護者の情報(必要なケア、希望日程、住居エリアなど)と、訪問看護師が登録した情報(専門分野、対応可能なケア、空き状況、訪問エリアなど)を対象システムで分析し、適切な訪問看護師の候補者一覧をケアマネジャーに提示する。

これにより、ケアマネジャーは事業所・訪問看護師選定などの業務を効率化できる。訪問看護ステーションにおいてもケアマネジャーへの営業や電話のやり取りが減り、要介護者のケアなど、本来業務への専念が可能になるという。

 

 

両社は今後、同様の課題を抱える訪問介護分野でのマッチングにも、システムを適用していきたい考え。ICTを活用した情報基盤を構築し、事業所個々の業務効率化と質の向上の支援を目指す。

 

 

現在、ケアマネジャーは、訪問看護師を割り当てる際、訪問看護師が所属する事業所へ個別に電話するなどの多大な労力をかけている。また、要支援・要介護者に対して柔軟に対応できるよう、希望する時間帯に対応可能な訪問看護師を複数見つけるなど、負担が増大している。

 

 

一方、事業所では訪問看護師の人材不足が深刻化する中、ケアマネジャーと連携しながら訪問看護師を効率的に調整・割り当てる必要があり、個々の訪問看護師の対応可能な業務内容、空き状況、訪問エリアなどの情報を効率的かつタイムリーに管理・発信する仕組みが求められている。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう