森永乳業グループのクリニコ(東京都目黒区)が運営する認定栄養ケア・ステーション「Eat for a smile」とORSO(同千代田区)が共同開発した食事相談サポートシステム「もぐもぐ日記」が、経済産業省「IT導入補助金2021 (サービス等生産性向上IT導入支援事業)」の対象サービスとして採択された。

 

 

もぐもぐ日記は、オーラルフレイル予防のツールとして開発されたもので、個人(患者)が使用するスマートフォンアプリと歯科医院が使用する「オンラインモニタリングツールで構成。
患者が日頃の食事をスマートフォンで撮影すると、アプリ内で画像がAI解析される。
また、直近1週間の食事記録から食事のバランスを分析し、食習慣タイプを判定する。

 

自分の食事記録は匿名で全国のユーザーと共有することも可能なため、他のユーザーの食事写真を見て参考にできる。患者のアプリと歯科医院向けのモニタリングツールを連携することで、患者の食事内容と食習慣の変化が可視化されるほか、記録内容に基づいて、患者へのアドバイス例が自動で提供される。また、患者のアプリ画面では見られない食事バランススコアの詳細も表示される。

 

今後も歯科医師や患者の声に基づいて、機能をアップデートする。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう