チャーム・ケア・コーポレーション(大阪市/以下・チャーム)は9月28日、大阪で介護付有料老人ホーム4棟・410室を運営するライク(大阪府八尾市)を子会社化すると発表した。

 

下村隆彦社長

 

ライクの全株を44億5000万円で取得する。株式譲渡日は11月末を予定。ライクの直近3期の売上は15億円台で推移し、経常利益は20年9月期で約1億8500万円。4棟すべての土地建物は自社所有となっている。

 

 

 

ホームは大阪府八尾市・同池田市・同堺市・同大阪市西区にあり、チャームがこれまで展開していない地域。現在、チャームは価格帯別に4ブランドを展開しているが、承継するホームは最安価格帯に近い。

 

チャームは9月末時点で関西・関東で介護付きホームを中心に66棟・4428室を運営。近年、「チャームケアグラン」「チャームケアプレミア」などの高価格帯を都市部で積極展開している。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう