豊田通商(名古屋市)LIXIL(東京都江東区)は12月1日、入浴介助の負担を軽減し、入浴時の快適さを向上させる泡シャワーを放出する入浴介助製品「KINUAMI U(絹浴み[])」を、病院・介護施設向けに受注開始する(納品は20221月以降を予定)。本商品は、LIXILが子会社のNITTOCERAと共に商品企画。病院・介護施設への独占販売権を有している豊田通商が販売する。

 

本体のレバーで泡シャワーとお湯のシャワーの切り替えができる

 

入浴介助は、石鹸の泡立てや塗布、保温のためのお湯かけなど、工数が多く時間もかかることが課題となっている。また、被介助者にとっては、浴室内での体温低下に伴う健康への影響や、洗身後の肌の乾燥などが問題だ。その解決のため開発されたという。

 

 

KINUAMIUは、消火機器や消防車に使われている泡生成技術を応用し、専用ボディソープとお湯、多量の空気を混合することにより、シャワーヘッドから柔らかく温かい石鹸の泡を放出する入浴介助製品だ。

 

手で泡立てた泡(左)とKINUAMIUで生成した泡(右)。泡シャワーによる洗身で入浴に対する快適感の向上する

 

全身に石鹸の泡を素早く塗布、優しくなでるだけで洗身できるため、介助者の作業負担を減らし、洗いすぎによる肌の乾燥ダメージを防ぐ。

 

また、柔らかく温かい泡シャワーによる洗身が、被介助者の入浴に対する満足感や快適感の向上につながり、かつ体温低下による健康リスクへの影響も軽減する。泡シャワーと通常のお湯のシャワーへの切り替えは、本体にあるレバーで容易にできる。

 

豊田通商 メディカル事業部 第一グループ 大久保聖子主任

 

豊田通商メディカル事業部第一グループの大久保聖子主任は「業務負担軽減と入浴介助サービスの質の均一化に利用して欲しい。また、被介助者の入浴満足度は介助者のスキルに依存することもあるが、泡シャワーは柔らかく温かい石鹸泡が操作1つで簡単に放射されるため業務負担を軽減できる。誰もが等しく心地よい洗身を体験できるため、快適感向上につながると考えている」と語る。

今後、KINUAMIUの活用により、新しいシャワー浴のスタイルの提案を目指すという。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう