キャピタルメディカ(東京都港区)の子会社あいらいふ(同千代田区)は2021年12月1日、日本調剤(同)の子会社であるメディカルリソース(同)が運営する有料老人ホーム・高齢者住宅検索サイト「探しっくす」の企画運営事業を吸収分割により、事業承継したと発表した。

この承継により、あいらいふでは従来の対面型相談に加え、WEBからの相談を受けることが可能となる。今後は、対面型とデジタル集客を融合させ、WEB上からの資料請求に対し、50名を超える経験豊富な相談員が対面形式でフォロー。相談者にふさわしい住まい選びをサポートする。

 

また、発表当日付で、同社は社長を交代。あいらいふの取締役として事業・組織改革を務めてきた藤田敦史氏が新社長に就任した。今後、キャピタルメディカグループとの一層の連携を図る。

 

あいらいふ
藤田敦史社長

 

あいらいふは、2000年にホーム紹介センターを開設。入居相談などを行う「あいらいふ入居相談室」として、運営を行ってきた。2021年12月現在、提携ホームは6300施設、月間約200件の紹介実績を持つ。さらに介護無料情報誌『あいらいふ』の発行、「家族信託」サポートサービスなどの事業を展開している。2000年6月、キャピタルメディカグループに入り、2021年1月に、現社名に変更した。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう