「パリアティブケアホーム」のブランドで、大阪府と愛知県で医療対応が必要な人向けのサービス付き高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホームを運営するのがM-opsol(三重県伊勢市)だ。

2021年10月には5棟目のホームを大阪府岸和田市に開設。今後は大阪府及び兵庫県での開設を進めていく考えだ。

 

 

大阪と愛知で合計5棟運営

 

同社は2005年の設立。三重県でグループホームの開設からスタートしたが、その後は運営物件の譲渡などもあり、現在は三重県内での介護事業は関連の社会福祉法人で行っている。

M-opsolとしては2021年10月1日開設の「ほしの岸和田」を筆頭に、大阪府東大阪市の「はなの楠根」、同茨木市の「ゆきの彩都」、愛知県春日井市の「そらの春日井」、同小牧市の「つきの小牧」の5棟を運営。東大阪市の物件はM&Aによるもの。愛知県内の2棟はそれまで運営していた事業者が撤退してしまい、困っていた建物オーナーからの相談を受けて開設した。

 

右から、鈴木征浩社長・絹田宏平「ほしの岸和田」「はなの楠根」施設長代理・田邊千葉留主任相談員

 

なお「ほし」「はな」「ゆき」「そら」「つき」という名称は、創業者がファンだという宝塚歌劇団の組の名前からとったものだという。

 

 

「パリアティブケア」提供 精神面も含めた不安や苦痛緩和

 

ブランド名にもなっている「パリアティブケア」とは、WHOの定義によれば「全人的な緩和ケア」。つまり肉体的な苦痛だけではなく、精神的な面を含めたあらゆる不安や苦痛を緩和させるケアのこと。

この実現を目指し、全ホームで自社運営の訪問介護事業所と24時間対応の訪問看護事業所が併設もしくは近隣に設置されており、終末期やパーキンソン病・ALS(筋委縮性側索硬化症)などの難病患者を積極的に受け入れている。

 

「自傷他害の恐れなど、高齢者住宅での生活に不向きな人以外は原則受け入れています。平均要介護度は4.1〜4.2と特養並みです。特に『ほしの岸和田』は近隣に同様の高齢者住宅が少ないことから『どこの高齢者住宅でも受け入れを断られて、後は病院に入れるしかない』という人が、ケアマネジャーからの相談・問い合わせで入居することが少なくありません」(鈴木征浩社長)

 

「ほしの岸和田」外観

 

 

毎月の支払い定額代で安心

 

また、ホームの料金体系も特徴的だ。
「ほしの岸和田」など大阪のホームで導入しているのが、オムツやタオル、シャンプーなど生活の中で必要となる介護用品・日用品については一定料金を支払えば使い放題となるオプションシステム。

この中にはリネンのリースや洗濯補助、そのほかのサポートサービス代も含まれている。オプション料金は月2万9700円。

 

「一般的な高齢者住宅では、オムツ代などは実費で別途請求となっているため、家族などにとっては『パンフレットなどに記載されている費用の額と実際の請求額が大きく違っていた』『毎月請求される額が一定しない』などの不安や不満につながっていました。当社は『パンフレットなどに記載されている額=実際の請求額』なので安心です」

 

 

今後については、現時点で新設予定案件はないが、大阪府全域・兵庫県全域で集中的に開設を進めていく考え。

類型はサ高住ないし住宅型有老。規模は30室〜50室程度。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう