ツクイホールディングス(以下・ツクイHD/横浜市)は4月28日、横浜市で介護事業やIT事業を展開するアカリエの全株式を取得、完全子会社化した。アカリエは2014年設立後、訪問介護事業所や居宅支援事業所を3ヵ所運営。介護職・経営者向けの研修やセミナーなど転職支援事業も手掛ける。このほかにも、見守りシステム、アプリの開発やヒューマノイドロボットの活用など、幅広いIT事業にも強みを持つ。

 

ツクイホールディングス 高畠毅社長

 

 

 

今回の株式取得により、ツクイHDの介護現場におけるICTの利用促進や中長期的なIT基盤の強化を行い、積極的にアカリエのノウハウを活用することで業務効率化の推進を図る。また、神奈川県下でのさらなる介護サービスの拡充、地域連携の強化にも寄与。アカリエは「事業基盤の拡大とさらなる成長を目指す」とし、相互の強みを生かしたシナジーを見込む。

 

 

なお、アカリエの前社長髙橋健一氏は退任。ツクイHDの常務執行役員である髙城敏和氏が新社長に就任した。取締役には、ツクイHD子会社でIT事業を手掛けるDIGITAL LIFE取締役の日高雄三郎氏およびツクイ執行役員の猪股憲一氏、監査役にはDIGITAL LIFEヘルスケアIT事業ディレクターの川野達也氏が就任。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう